白髪の原因は何?|白髪の原因をタイプ別に徹底調査しました!

白髪 原因

白髪を改善したい。白髪になった人ならほとんどの方がそう考えると思います。
改善するためにはその原因を知ることが一番の近道です。
ここでは白髪の原因をタイプ別に分けて、分かりやすくお伝えします。

復習!白髪の根本的な原因

TOPページでもお伝えしたように、白髪の根本的な原因は、メラノサイトという色素細胞の機能低下、機能消失と考えられています。
このメラノサイトがメラニン色素を生成して、毛根がメラニン色素を取り込むことで髪が黒くなります。そしてメラノサイトがメラニン色素を生成する際には、チロシナーゼという酵素の力を借ります。
つまりメラノサイトやチロシナーゼの働きが弱くなることで、メラニン色素が生成されなくなり、髪が白いまま成長することで、白髪になってしまうのです。
しかし、メラノサイトやチロシナーゼの働きが弱くなる、つまり白髪の根本的な原因は医学的にも解明されていません。
原因が解明されていないなら対策もできないじゃない!とお考えの方も多いと思いますが、100%明確に解明できていないだけで、白髪のおおよその原因は解明されています。ここではその原因を2タイプに分けて、対策をお伝えします。

白髪の2つのタイプの原因

白髪は原因はメラノサイトメラニン色素を生成する働きが弱くなることで発生することは分かっています。しかしメラノサイトの働きが弱くなることの根本的な原因は解明されていませんが、推測としてメラノサイトの働きを促進するための環境の乱れや、栄養不足が原因と考えられています。ここではこの2点について詳しく調べてみます。

メラニン色素生成のための環境の乱れの原因

環境の乱れとは具体的には頭皮環境の乱れを言います。
メラニン色素の生成のためにはメラノサイトという色素生成細胞の働きが不可欠です。この働きを正常に行うためには、細胞が活性化していなければなりません。
細胞の活性化のためにはまずは細胞が健康である必要があります。健康のために頭皮環境を整える必要があり、そのためには頭皮に必要な栄養や水分を充分に補給して、ちりやほこりなどのから守る必要があります。
そのために簡単な方法としてシャンプーがあります。適度なシャンプーでちりやほこり、皮脂などを洗い流し、頭皮をきれいに保つことでメラノサイトの正常な活動を促します。
シャンプーのあと、適度なドライヤーをすることで雑菌の繁殖を防ぐことも頭皮環境の改善に有効です。

メラノサイトへの栄養が不足する原因

白髪が増えることはつまりメラノサイトがが正常な働きができなくなることです。つまり白髪の改善にはメラノサイトの働きを正常にする必要があります。
メラノサイトの働きを低下させる原因は遺伝や加齢、ストレスなどの内部的な要因と、食生活の乱れによる栄養不足、頭皮ケア不足など外部的な要因が考えられます。ここではそれぞれの要因について詳しくお伝えしていきます。

白髪の外部的要因

白髪の改善を目指す上で、2つのタイプのうち改善がしやすいのはこの外部的な要因です。
それは遺伝や加齢といった対策を取りにくい要因ではなく、食生活などのライフサイクルの改善がそのまま白髪の改善につながるからです。

食生活の乱れ

メラノサイトが正常に働くために必須の条件として、栄養素の補給があります。そして人間は基本的に食事から栄養素を補給します。バランスの良い、規則正しい食事の摂取は何よりの白髪改善につながります。
ダイエットのための過度な食事制限をすると白髪が増えるケースはこれにあたります。食事で栄養素を補給することができず、メラノサイトの機能が低下することによって白髪が増えるのです。
食事だけで髪に必要な栄養素を摂取できない場合は、必要な栄養素をサプリメントで補給することで白髪を改善することもできます。

睡眠不足

睡眠不足は白髪だけではなく、体調不良の大きな原因とも考えられています。
その睡眠不足が白髪の原因と考えられている理由は血行不良です。人間は睡眠時に副交感神経というものが働いて、身体をリラックスした状態に導いてくれます。このリラックスした状態ではストレスをかけず、血行を良くしてくれると考えられています。つまり睡眠時間が短いとリラックスした状態が短く、血行不良を起こして、頭皮への栄養補給が行われにくくなります。
また、睡眠中は成長ホルモンの分泌も促されます。この成長ホルモンはメラノサイトの働きを活性化してくれるものと考えられているので、睡眠不足はメラノサイトの働きにも悪影響を与えるものと考えられています。

紫外線

紫外線がお肌に悪影響を与えることは広く知られていますが、実は頭皮はお肌の5倍の量の紫外線を受けています。紫外線を受けた頭皮は水分やハリを失うことで頭皮環境が悪化して、メラノサイトの働きが下がり、白髪の原因の1つになると考えられています。

頭皮ケア不足

頭皮環境の改善にもつながることですが、適度なシャンプーや適度なマッサージは頭皮ケアにとって非常に重要です。頭皮環境を改善するための頭皮ケアを怠ることは、睡眠不足と同様に血行不良につながり、白髪の原因の1つと考えられています。

白髪の内部的要因

白髪の内部的な要因は、本人の意思では改善が難しい要因ですが、白髪の原因の1つとして意識していただくことも必要な要因になります。

加齢

白髪の原因の1つとしてよく考えられているものが加齢です。これまでお伝えしてきたように白髪はメラノサイトの働きが弱くなることで発生します。そしてメラノサイトは色素生成細胞です。細胞は加齢とともに数が減ってしまいます。つまり歳を取れば取るほど細胞の数が減ってしますので白髪が増えます。若い人に比べて高齢者に白髪が多いのは当然と言えば当然なのです。しかし頭皮環境を改善して、血行を良くして、頭皮に栄養を送りやすくすることで、白髪の進行を遅らせることは可能と考えられています。

遺伝

白髪は遺伝性が高いと一般的に考えられています。これも明確に解明はされていませんが、細胞の数や性質には遺伝によって似てしまうケースが多いと考えられているので、白髪が多い人は、細胞の性質も遺伝的に似てしまうので白髪が多くなるケースがあります。
そのため、白髪は遺伝すると考えられているのではないでしょうか?

ストレス

ストレスは白髪だけではなく、多くの体調不良や病気の原因と考えられていますが、医学的に明確に解明されているわけではありません。しかしこれまで白髪の原因についてお伝えしてきたように、白髪には頭皮への血行不良や栄養不足が大きく関わっています。
ストレスも血行不良や栄養不足、そしてホルモンの分泌に悪影響を与えると考えられているので、白髪の1つの原因と考えることができると思います。

白髪の原因のまとめ

このように、白髪の原因については明確には解明されていませんが、頭皮環境の悪化を理由として、血行不良や栄養不足、ホルモンバランスの悪化など様々な要因が複合的に絡み合って起こっていると考えることができます。
そしてその解決のためには、規則正しい食生活、充分な睡眠、頭皮環境のケア、ストレスのない生活など健康な身体作りが基本となります。その上で栄養補給のためのサプリメントの摂取や頭皮マッサージ、頭皮パックなどより髪に良い対策をすることで白髪の改善につながると考えられています。
まずはできることから取り組んでみましょう!

\\今すぐ白髪サプリを使いたい方はブラックナチュレがおすすめ//
Black Nature